『茶トラのケインは今日も行ったり来たり』

タグ:白タビちゃん ( 5 ) タグの人気記事




迷い猫 お届け編

白タビちゃんのお話がこんなに長くなるとは自分でも思っていませんでした。
要点だけを書けばよいものをまとまりのない文章でだらだらと書いちゃうので
こんな事になるんですね。
自分には文章を書く才能がない事だけは分かりました。(T▽T)

さて、今回は完結にたどり着くことが出来るでしょうか。

始まりは 迷い猫 (1日目) からです。


ここまできて気づかれた方もいらっしゃると思いますが、白タビちゃんの写真が最初の暗がりで撮ったモノしかないのです。
チャンスがある時にはデジカメを忘れ、持って行った時には白タビちゃんが隠れちゃったり、病院でも持って行ったんですがバタバタとしていたのでそんな状況じゃなかったのです。

病院に行ったのは土曜日でした。
一番混雑している時間帯。
キャリーで保護しようとした時追いかけ回してしまったし、きっとまたシャーシャー言われるし
麻酔をかけないと診察できないだろうと思い、外にゃんの時と同じように午前の診療時間に彼女を置いて帰ろうと思っていました。
いつも時間がかかりそうな診察の時はそうしているのです。

ところが先生、白タビちゃんの様子を見るや否や捕獲器を開けて白タビちゃんを捕まえたんですね。
「あら、なんだ、あんた大丈夫なん?」 と、思わず言っちゃいました。
診察の間、実はずっと白タビちゃんを抱っこしていたんですよ、私。
やっぱりお家にいた猫さんだったんでしょうね。
注射の時も大人しかったし、耳掃除も大丈夫でした。
ただだんだん時間が経つに連れ逃げ腰になってきていたし暴れそうだったのでツメ切りは無理でした。
なんかバタバタとしていたので虫の検査も忘れちゃった。
血液検査の結果、エイズ・白血病共に陰性でした。
はぁ、とりあえずは一安心です。

あっという間に診察が終わっちゃったんでお昼には白タビちゃんを家に連れて帰ることが出来たんです。

それがいけなかった・・・。
[PR]



by chatora-no-kane | 2007-07-06 17:40 | 里親募集

迷い猫 (3日目) 

このお話は長編です。
最初に起こしくださった方は 迷い猫 (1日目) からお願いします。

毎年この時期って我が家では何か問題が発生します。
3年前、ケインの何回目かの手術で脾臓を摘出。その後かなり体調を崩す事になりました。
次の年、チャイナの鼻の横に原因不明のハゲが出来たこと。
命に関わる病気だと本気で落ち込みました。
去年はロッキーのまたもや原因不明の下痢。夏の終わり頃には体調は戻りましたがこの時も病院通いに奔走したのです。
それプラス外にゃん達の避妊去勢手術の為の捕獲、去年の白サバくんの足の怪我。
今年こそ何も起こらず平和に過ごしたいと思った矢先に今度の迷い猫騒動です。


愚痴はこれくらいにして、白タビちゃんのお話。

続きます。
[PR]



by chatora-no-kane | 2007-07-05 21:27 | 里親募集

白タビちゃんを出そう

迷い猫 (1日目) からの続きです


ここのマンションはオートロックじゃありません。
ですから、何時でも誰でも入れちゃうのです。

夜中にこっそり捨てられに来たかもしれない、きっと飼い猫さんだったろう白タビちゃんを救出するべく2日目の夕方に保護する為管理人さん立ち会いのもと扉を開けて貰いました。

あまりたくさんの人が非常階段辺りをうろついていると変に思われるので、保護する為キャリー係の私、管理人さん、そして自治会会長の3人で白タビちゃんがいる場所に向かいます。

上ってみると あれ?白タビちゃんがいない・・・
よーく見ると屋上へ続くドアのところに一段鉄板製の階段らしき台があります。
その中に白タビちゃんが隠れていました。

そこで失敗したのが、この管理人さんここ最近赴任して来た人(どんな人かほとんど知らない)で白タビちゃんが単なる野良猫だと思ったよう。
「こんなのはこうしたら出てきますよ。」
と、その鉄板を足でバンバンと何度も蹴って脅かしてしまったのです。

『このやろー、なんてことするんだ!』って怒鳴ってやりたかったのですが、ビックリした白タビちゃんが階段を駆け下り11階の廊下へ出てしまったのです。
廊下の柵から体を出して逃げようとするのをあわてて止めたり、キャリーに誘導するもするりとかわされる等追いかけっこを数分したのですが、結局元居た場所に戻ってくれました。
しかし下に降りることをせず上に上がったのはどういう事だなんだ。
階段を下りればここから逃げられるというのに・・・。
ここを下りればお家に帰ることが出来るなんてことは頭にないんでしょうね。

元居た場所に戻ってしまった白タビちゃん、また台の中に隠れてしまったのでキャリーでは無理と判断、捕獲器をセットする事にしました。

そういえば白タビちゃん、トイレがないのできっとその場所でしているだろうと思ったので階段を上ってみるとコンクリートの床にはウンPや朝食べたご飯のゲロゲロがありました。
せっせと掃除をしている間白タビちゃんは恐怖で固まったままでした。
怖がらせてごめんよ、タビちゃん・・・。

その夜は捕獲器にかにかまをぶら下げ引き上げることにしました。

まだまだ続きます。
[PR]



by chatora-no-kane | 2007-07-05 14:35 | 里親募集

迷い猫 (2日目)

事の始めは 迷い猫 (1日目) をご覧ください。


さて次の日の早朝。

外にゃんのご飯の帰りに迷い猫さんの様子を見に行きましたが姿が見えません。
階段の一番上(屋上に続く階段)に上がってしまいすっかり身を隠してしまいました。
きっと安心出来る場所で寝ているのでしょう。

迷い猫さん、私は「白タビちゃん」とこっそり名付ける事にしました。
外にゃん同様、なんかセンスに欠けますがそこんとこはヨロシクです。

で、この非常階段ですが子供達もよく通る階段なので見つからないかとひやひやモンでした。
幸い、白タビちゃんがいる所は鍵をかけている扉の中(屋上に続く階段)に
電灯のスイッチがあるので彼女のいる場所はOFFになっており暗いんです。
そして白タビちゃんはほとんど真っ黒で動かなければいるのかいないのか分からないし
何故か子供達はいつもダッシュで階段を上り下りするので気づかれないんですね。
もし気づかれたら大騒ぎになっていたと思うのでそこんところはほっとしました。

さあ、この白タビちゃんはいったい何処の子なのでしょう。
[PR]



by chatora-no-kane | 2007-07-04 22:05 | 里親募集

迷い猫 (1日目)

5月も 「はぁ~、やっと明日は給料日や・・・。」 と 一息ついていたある日の夕暮れ。

家のチャイムの音が鳴り響く。

「あのね、昨日からマンションの非常階段の一番上の所に猫がおるねん。」

と、上の階のお友達からヘルプの声が。

『なぬ~!ε=ε=ε=ε=ε=(o・・)o』

ちょっと長いです
[PR]



by chatora-no-kane | 2007-07-04 17:30 | 里親募集

今は亡き茶トラのケインの思い出と共に5匹の猫と暮らしている女の独り言
by chatora-no-kane
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧